多くの人に囲まれる温かいスタイル”人前式”

そもそも人前式ってどんな挙式スタイル?

さまざまな挙式スタイルがある中で、若い世代を中心に支持を集めているのが人前式です。人前式は神仏に結婚の誓いを行う教会式や神前式とは違い、挙式に招いたゲストに結婚の誓いを行います。このように、大勢のゲストを2人の愛の証人にする人前式は、式が温かい雰囲気に包まれるとして人気が高まっています。人前式は宗教の教義に則って行われる訳ではないので、挙式会場を自由に選択することが可能です。多くの人に選ばれているのは神聖な空気を感じることが出来るチャペルですが、アトリウムや屋外のガーデンなどといったオシャレな場所も人前式の会場として選ばれているようです。また、牧師や神主への謝礼が必要ないので、予算を抑えることが出来るという利点も持っています。

ゲストと一体になって楽しめる演出が魅力の人前式

人前式には決まった作法や形式が無いので、固定観念にとらわれずに自由に式を演出することが出来ます。この自由度の高さが人前式の最大の魅力だと言えるでしょう。そんな人前式では、愛の証人として招いたゲストと一体となって行う演出が取り入れられることが多いようです。例えば、結婚証明書へのサインがその一つです。教会式の挙式では新郎と新婦が証明書にサインすることが通例になっていますが、人前式では新郎新婦に加え、ゲスト全員にもサインをお願いするといった演出を追加しています。

また、よりいっそうゲストとの一体感を感じることが可能なリングリレーも人気の高い演出です。これは新郎新婦それぞれに向けてゲスト全員で1本のリボンを持ち、そのリボンを通して指輪を2人に届けるという演出です。このように、人前式ではゲストと幸せなひと時を共有することが出来る演出を取り入れることが可能なのです。