神聖で威厳あふれる王道のスタイル”教会式”

知っておきたい!教会式の基礎知識

結婚式の王道スタイルのひとつとも言える教会式は、キリスト教の形式に則って執り行われる結婚の儀式です。実際の教会で挙式を挙げるにはクリスチャンでなければならなかったり、そうでない人は事前講習を受けなければならなかったりと様々な条件が必要なので、ほとんどの教会式はホテルや式場内にあるチャペルで行われます。 バージンロードを歩いての入場や、列席者全員での賛美歌斉唱といった教会式ならではの流れがあり、司式者である牧師(宗派によっては神父)による問いかけに新郎新婦が答え、結婚の誓いや指輪交換をします。神聖で厳かな空間で、大切な人たちに見守られながら挙げる式は、一生忘れられない感動体験になること間違いありません。

オリジナルの演出を取り入れれば、自分たちらしい教会式も叶う!

挙式の流れが決まっていて、神聖な空間で執り行われる教会式。しかし、いくつかのオリジナル演出を取り入れることで、教会式の神聖な雰囲気を壊すことなく、自分たちらしい式にすることができます。

教会式をすることが決まったら、ドレス選びの選択肢にぜひ入れたいのがトレーンの長いウエディングドレスです。教会式ではバージンロードを歩くので、トレーンの長いドレスがよく映えますよ。

また、式が閉会したあとの定番イベントと言えばフラワーシャワー。バラの花びらを使うのが一般的ですが、シャワーの素材をひと工夫してみるのもおすすめです。花びらではなく紙吹雪にしてみたり、子供でも楽しく参加できるシャボン玉を使ったバブルシャワーなど、アイデア次第でより思い出深い教会式を作り上げることができます。

三重の結婚式場は、国内を代表するビーチや歴史的な建造物などを活かしたところが多く、雰囲気やロケーションにこだわって挙式を行うことができます。